全国のプレ花嫁のための「地域別」結婚情報メディア

CoCo-La Wedding

ブライダルニュース

ブライダルニュース

結婚に関する最新情報を発信中♪

2024-02-29
【神戸】ゲストハウス「北野クラブ ソラ」が2024年2月大幅リニューアル!
2024-02-14
【全国】2024桜の開花予想 全国トップは東京で3/20!桜の婚姻届で結婚しよう♪
2024-02-05
【全国】ワタベウェディングから「BEAMS DESIGN」監修の新作ウエディングドレスが登場
2024-02-01
【沖縄】リゾートウエディングしよう!「ザ・ギノザリゾート 美らの教会」がグランドリニューアル
2024-01-09
【全国】2024年7月29日・12月26日は入籍や結婚におすすめの大開運日!
read more

ブライダル保険のおすすめはどこ?結婚式のキャンセル保険を比較

この記事を書いた人
CoCo-La Wedding編集部 とみん

新型コロナウイルスの流行以降、加入者の伸びが大きい「結婚式の保険」。保険商品数は少ないですが、最近では挙式や披露宴を行う会社がオリジナルのブライダル保険を出したり、結婚式のキャンセル保険がついたブライダルプランが登場したりするなど、注目されつつあります。この記事では、個人で申し込める2つのブライダル保険を比較してご紹介。家を建てたら「火災保険」、車を買ったら「自動車保険」というように、結婚式をするなら「ブライダル保険」で備えませんか?

この記事を読むと分かること&できること

  • ブライダル保険で補償される内容が分かる。
  • 「佳き日のために」「Happy Wedding」の2社のブライダル保険が比較できる。
  • どんなことで補償されたのか先輩花嫁の事例を知ることができる。

ブライダル保険(結婚式のキャンセルに備えた保険)とは?

ブライダル保険は、結婚式の中止・キャンセル費用や結婚式当日の修理費用などを補償する、「結婚式のまさかの事態に備えた保険」です。

まさかの事態とは…

新型コロナウイルスやインフルエンザなどの感染症による自宅待機

地震や台風などの自然災害

突然の入院や不幸

結婚式当日の会場や貸衣装の破損

など、「結婚式までの補償」と「結婚式当日の補償」で、新郎新婦のまさかの事態を支えます。

実際どんなことに支払われている?先輩花嫁の場合

それでは、先輩花嫁はどんなケースで補償してもらったのか?調査データと支払い事例を見てみましょう。

Q キャンセル・中止した理由は何が多い?
調査期間が2021年~2022年の新型コロナウイルスの流行期間ということもあり、自宅待機を含めた入院事由が多くなっています。
Q 支払いの対象者は誰?
父母や子ども、兄弟姉妹の、新郎新婦以外の対象が約4割と多くなっています。
Q 結婚式当日の補償で多いのは何?
やっぱり多いのは、ウエディングドレスなどの貸衣装の破損で約6割以上。招待客の救急搬送も3割近くとなっており、当日も何があるかわかりません。
Q いくらぐらい保険で支払われているの?
50万円以上が全体の約6割。そのうちの4割近くは100万円以上支払われています。自分たちでもし支払うとなると大きな額です。

参考:結婚式総合保険「佳き日のために」パンフレットより

入っててよかった!こんなことに補償してもらえました!

ケース1

インフルエンザに感染して挙式キャンセル!

「結婚式の前日に新婦がインフルエンザに感染してしまい、結婚式を延期することになりました。」

  • 保険金支払い金額:475万円
ケース2

新婦母が結婚式の直前に緊急入院!

「新郎の母が結婚式の直前に緊急入院することに。日程を変更し結婚式を開催しました。」

  • 保険金支払い金額:306万円
ケース3

新郎祖母が死去。結婚式を中止に!

「挙式の2日前に新郎の祖母が死去。両親や親戚とも話し合い、結婚式を中止することにしました。」

  • 保険金支払い金額:105万円
ケース4

切迫流産で長期安静指示のため中止に!

「懐妊していた新婦が切迫流産のため長期安静にすることになり、結婚式を中止しました。」

  • 保険金支払い金額:92万円
ケース5

ゲストが式場の絨毯にマニキュアをこぼしてしまった!

「新婦の親族がメイク室で絨毯にマニキュアをこぼしてしまい、交換費用を請求されました。」

  • 保険金支払い金額:67万円
ケース6

ウエディングドレスの裾を踏んで破損!

「披露宴の最中に、新郎が新婦のウエディングドレスの裾を踏んでしまい破損しました。」

  • 保険金支払い金額:8万円

こうして見ると、結婚式をキャンセル・中止するのには、さまざまな理由があることが分かります。また、ウエディングドレスの破損は気をつけていても起こりうるものです。自分たちに起こらないとも限らない「まさかの事態」。ブライダル保険は加入しておくと、こういった不安を払拭してくれる安心材料にもなりますね!

参考:結婚式総合保険「佳き日のために」パンフレット

参考:「結婚式総合保険 佳き日のために」お客様の声(https://www.bridal-hoken.jp/lp/1/

参考:「ブライダル総合保険 Happy Wedding」お支払い事例(https://ancie.jp/insurance/happy-wedding/

個人で加入できる!ブライダル保険(結婚式の保険)を比較

それでは、ここからは個人でも加入できるブライダル保険「佳き日のために」と「Happy Wedding」の2つの結婚式の保険商品をご紹介します。保険料としては、2社見比べると大きな差はありませんが、「祖父母を対象にできるか(祖父母追加特約)」「貸衣装の破損時の自己負担があるか」「大雨・大雪等の特約があるか」などが、主な比較のポイントとなりそうです。

かんたん比較!「佳き日のために」「Happy Wedding」

商品比較 佳き日のために
(あそしあ少額短期保険)
Happy Wedding
(ダブルエー少額短期保険)
保険料 1.6~5.6万円 1.3~5.3万円
祖父母追加特約付 1.7~6.1万円
結婚式中止費用保険金 150~850万円 150~850万円
大雨・大雪等
追加対象特約
50万円
修理費用保険金
(式場設備・備品)
100万円
(自己負担一部あり)
100万円
(自己負担なし)
修理費用保険金
(貸衣装)
30万円
(自己負担一部あり)
30万円
(自己負担なし)
招待客救急搬送
見舞費用保険金
1万円(1名につき)
最大20名まで
1万円(1名につき)
最大20名まで
新郎新婦
入院一時金
10万円(1名につき)
2人ともには20万円
10万円(1名につき)
2人ともには20万円
申込期限 30日前(対面)
45日前(インターネット)
30日前(対面)
45日前(インターネット)

結婚式総合保険「佳き日のために」(あそしあ少額短期保険)

★この保険のポイント★
  • ・大雨や大雪等の特別警報で補償される
  • ・ブライダル保険の先駆けで累計11万組が利用
  • ・ゼクシィ保険ショップでの申し込みもできる

結婚式総合保険「佳き日のために」は、2011年3月の東日本大震災をきっかけに生まれました。ブライダル保険の先駆けとして、これまでの契約数は累計約11万組以上。株式会社あそしあ少額短期保険の商品で、「人生最良の日である結婚式を心から安心して迎えていただきたい」という想いから生まれた保険です。

<プラン内容>

プラン すごく安心な
結婚式
とっても安心な
結婚式
ひとまず安心な
結婚式
保険料 5.6万円 3.6万円 1.6万円
結婚式中止
費用保険金
補償限度額
850万円 ※1
補償限度額
500万円 ※1
補償限度額
150万円 ※1
大雨・大雪等
追加対象特約
補償限度額 50万円
修理費用保険金
(式場設備・備品)
100万円
(自己負担なし)
100万円(自己負担3万円)
修理費用保険金
(貸衣装)
30万円
(自己負担なし)
30万円(自己負担3万円)
招待客救急搬送
見舞費用保険金
1万円(1名につき)最大20名まで
新郎新婦
入院一時金
10万円(1名につき)2人ともには20万円
申込期限 30日前(対面)/ 45日前(インターネット)
支払い方法 クレジットカード or コンビニ支払い

※1 新郎新婦本人の式当日の入院や医師による待機指示の原因事由が新型コロナウイルスの場合は異なる

<補償内容(補償開始~結婚式当日までの補償)>

1.身内やご本人のご不幸
新郎新婦・新郎新婦の父母・子・兄弟姉妹の死亡による結婚式のキャンセル・中止。
※上記以外の方の死亡、妊娠12週未満の流産など、補償対象外あり
2.身内やご本人の7日以上の継続入院
新郎新婦・新郎新婦の父母・子が、傷害または疾病で7日以上継続して入院したことを理由とする結婚式のキャンセル・中止。
※上記以外の方の入院など、補償対象外あり
3.結婚式当日の入院、医師による待機指示
新郎新婦が結婚式当日に「病気やケガで入院している場合」「疾病または傷害の療養を目的とする自宅等での待機指示を医師から受けている場合」による結婚式のキャンセル・中止。
※新郎新婦以外の方の入院または自宅待機指示など、補償対象外あり
4.地震・台風・火事などの災害
火災・破裂・爆発・風災・水災・雪災・地震等で新郎新婦の平時居住する家屋が半壊以上、またはそこに収容される新郎新婦所有の家財に100万円以上の損害が生じたことによる結婚式のキャンセル・中止。
※家屋が半壊未満の場合、または100万円未満の家財損害によるキャンセルは補償対象外
5.大雨・大雪などの特別警報
結婚式開催日の当日、前日または前々日における、結婚式会場の所在する地域または被保険者の平時居住する地域に対する気象庁からの次のいずれかの特別警報の発表による結婚式のキャンセル・中止。
ア.大雨特別警報、イ.大雪特別警報、ウ.暴風特別警報、エ.暴風雪特別警報、オ.波浪特別警報、カ.高潮特別警報

<補償内容(結婚式当日の補償)>

1.結婚式場の設備・備品を破損、汚損したときの補償
天井・壁・窓ガラス・床・屏風・カーテン・絨毯・テーブル・椅子・その他調度品及び被保険者が占有して使用しているエリア内化粧室・照明設備・スクリーン・映像投影装置・音響装置の破損や汚損。
※1.6万円・3.6万円プランは自己負担3万円
※上記以外の設備・備品の破損、汚損は対象外
2.ウエディングドレスなどの貸衣装を破損したときの補償
式当日に使用するためにレンタルした衣装・帽子・装飾品・靴の破損。
※1.6万円・3.6万円プランは自己負担3万円
※レンタル品が汚れただけの場合、友人などから無償で借りたものの破損、購入衣装・セルドレスは対象外
3.結婚式の開催中、招待客が救急搬送された時の補償
急性アルコール中毒や体調の急変・発病などによる招待客の救急車による搬送。招待客とは、新郎新婦により招待された参加者のこと(親族を含む)。
※タクシーや自家用車など救急車以外による招待客の搬送は対象外。
4.結婚式の後、当日中に新郎または新婦が入院したときの補償
結婚式の後、新郎新婦の発病などを理由とした当日中の入院。次のいずれかの事由が対象。「急激かつ偶然な外来の事故によるケガ」「病気の発症または症状悪化」「分娩の兆候を伴う出産」
※入院を伴わない通院や診療は対象外

参考:結婚式総合保険「佳き日のために」パンフレット

参考:結婚式総合保険 「佳き日のために」公式サイト(https://www.bridal-hoken.jp/lp/1/

保険内容の詳細や申込はこちら
 
悩んだらプロに相談!

結婚式総合保険「佳き日のために」は、「ゼクシィ保険ショップ」での相談や申し込みも可能です。ゼクシィ保険ショップでは、新婚夫婦が知っておくべき家計・保険・ライフプランをファイナンシャルアドバイザーに無料相談することができます。全国にある保険ショップやオンラインで相談できますので、悩んでいる方は一度相談してみてはいかがでしょうか?

ゼクシィ保険ショップはこちら

ブライダル総合保険「Happy Wedding」(ダブルエー少額短期保険)

★この保険のポイント★
  • ・祖父母も補償の対象にできる
  • ・式場設備や貸衣装の修理費用、自己負担なし
  • ・1万3000円から加入できる

ブライダル総合保険「Happy Wedding」は、結婚式場アニヴェルセルをグループにもつ株式会社AOKIホールディングスが設立したダブルエー少額短期保険株式会社の商品です。リスクが高いとされている祖父や祖母も対象にできるのが特徴です。

<プラン内容>

プラン Aプラン Bプラン Cプラン
Ⓐ保険料 ベーシック型
5.3万円
ベーシック型
3.3万円
ベーシック型
1.3万円
祖父母追加
特約付
ワイド型
6.1万円
ワイド型
3.9万円
ワイド型
1.7万円
結婚式中止
費用保険金
補償限度額
850万円
補償限度額
500万円
補償限度額
150万円
修理費用保険金
(結婚式会場設備)
100万円(自己負担なし)
修理費用保険金
(貸衣装)
30万円(自己負担なし)
招待客救急搬送
見舞費用保険金
1万円(1名につき)最大20名まで
新郎新婦
入院一時金
10万円(1名につき)2人ともには20万円
申込期限 30日前(対面)/ 45日前(インターネット)
支払い方法 クレジットカード or コンビニ支払い

<補償内容(補償開始~結婚式当日までの補償)>

1.身内やご本人のご不幸
新郎新婦・新郎新婦の父母・子・兄弟姉妹の死亡による結婚式のキャンセル・中止。
※ワイド型(祖父母追加特約付)の場合、祖父母が追加
※上記以外の方の死亡など、補償対象外あり
2.身内やご本人の7日以上の継続入院
新郎新婦・新郎新婦の父母・子の傷害または疾病での7日以上の継続入院による結婚式のキャンセル・中止。
※上記以外の方の入院など、補償対象外あり
3.結婚式当日の入院、医師による待機指示
結婚式当日に、新郎新婦が入院中、または医師による自宅等での待機指示による結婚式のキャンセル・中止。
※新郎新婦以外の方の入院または自宅待機指示など、補償対象外あり
4.地震・台風・火事などの災害
火災・破裂・爆発・風災・水災・雪災・地震等で新郎新婦の平時居住する家屋が半壊以上、家財が100万円以上の損害を被ったことによる結婚式のキャンセル・中止。
※家屋が半壊未満、または家財損害が100万円未満の場合や、新郎新婦以外の家屋・家財の損害は補償対象外

<補償内容(結婚式当日の補償)>

1.結婚式場を破損・汚損したときの補償
天井・壁・床・屏風・カーテン・絨毯・テーブル・椅子・その他調度品・照明設備・スクリーン・映像投影装置・音響装置の破損や汚損。
※上記以外の設備・備品の破損、汚損は対象外
2.ウエディングドレスなどの貸衣装を破損したときの補償
新郎新婦が当日に着用した貸衣装の破損(衣装・帽子・装飾品・靴)。
※レンタル品が汚れただけの場合、友人などから無償で借りたもの等は対象外
3.招待客が結婚式会場から救急搬送された時の補償
招待客とは、新郎新婦により招待された参加者のこと(親族を含む)。
※タクシーや自家用車など救急車以外による招待客の搬送は対象外
4.結婚式当日に新郎新婦が入院した場合の補償
次のいずれかの事由が対象。「急激かつ偶然な外来の事故によるケガ」「病気の発症または症状悪化」「分娩の兆候を伴う出産」
※入院を伴わない通院や診療は対象外

参考:「ブライダル総合保険 Happy Wedding」パンフレット

保険内容の詳細や申込はこちら

どちらの保険商品も、補償の支払いは結婚式1年前の翌日から始まります。そこから申込期限の間まで、どのタイミングで加入しても保険料は同じです。まさかの事態に備えて、加入することを決めたら早めに手続きすることをおすすめします。

よくある質問・まとめ

ブライダル保険(結婚式の保険)とは何ですか?

ブライダル保険は、結婚式の中止・キャンセル費用や結婚式当日の修理費用などを補償する、「結婚式のまさかの事態に備えた保険」です。まさかの事態とは…「新型コロナウイルスやインフルエンザなどの感染症による自宅待機」「地震や台風などの自然災害」「突然の入院や不幸」「結婚式当日の会場や貸衣装の破損」など、「結婚式までの補償」と「結婚式当日の補償」で、新郎新婦のまさかの事態を支えます。

結婚式のキャンセル費用を補償してくれる「ブライダル保険」にはどんな商品がありますか?

個人でも加入できる結婚式の保険として有名なものに、以下の2つのブライダル保険があります。

「佳き日のために」「Happy Wedding」の各ブライダル保険商品の特徴を教えてください。

結婚式総合保険「佳き日のために」(あそしあ少額短期保険)のポイント
  • 大雨や大雪等の特別警報で補償される
  • ブライダル保険の先駆けで累計11万組が利用
  • ゼクシィ保険ショップでの申し込みもできる

ブライダル総合保険「Happy Wedding」(ダブルエー少額短期保険)のポイント
  • 祖父母も補償の対象にできる
  • 式場設備や貸衣装の修理費用、自己負担なし
  • 1万3000円から加入できる